ストレス改善や新たな自分を発見する無料正確診断

無料メールマガジン登録

読むだけで強運体質になるためのお役立ち情報をプレゼントしています。

強運の女神に愛される開運ナビゲーション

こころ・カウンセリングのブログ記事

意地の悪い人たちに、なめられてはいけません/イジメの対処法

2017年8月30日

私は日頃、ご縁のある方にヒーリングをお送りしています。
ヒーリングをご依頼くださる方は、心優しい方が多くて、他の人の悪意に悩まされる方が少なくありません。
 
 

 
 
今日は「銀座まるかん」の創設者で、納税日本一の斎藤一人さんが、悪意の人に出会った時の対処法についてアドバイスされているので、その内容をご紹介しますね☆

とても困っている方にこそ、きっと役立つ内容です:.。*.・゚
 

・*・‥……‥・*・‥……‥・*・‥……‥・*・
 

職場や学校で、あなたに対してさげすんだような態度をとったり、バカにするような態度をとる人が出てくることがあります。

この場合、改革策として2つの方法があります。
 

◆ひとつめ

「あなたがビクビクした態度をとるのをやめる」

ビクビクしていると、体の「圧」が弱くなって、どんどん「生命エネルギー」が抜けていく。
その人の体の「気」が弱くなるのです。
 

「圧の抜けた人」を察知すると、中にはイライラして、いじめたくなる人もいます。

だから「圧」を上げて、すきを見せないようにすること。
ビクビクするのをやめることです。

 
とにかく堂々としていること。
根拠はなくても、自信を持つこと。

 
 
 

 
 
 
◆ふたつめ

相手があなたを傷つけるようなことを言ったら「そういう言い方は、私の魂が傷つくから、やめてください」とキッパリ言うこと。
 
そういう人には「それ、まちがっているよ」と言ってあげなくてはいけません。
「この人は、言い返してくるんだ」と分かると、いままでのように、理不尽に意地悪することもなくなります。

 

あなたをなめてかかる人に対して、「なめられたまま」でいるのはダメです。
そして、あなたのその勇気ある行動で、相手のしている「まちがい」に気づかせてあげることもできるのです。

(※『カンタン成功法則』斎藤一人著 参照)

・*・‥……‥・*・‥……‥・*・‥……‥・*・
 
 

これ、とても大事ですね。

私は小学生の時に、サラリーマンだった父親の転勤のため、小学校を3回変わっています。
東京⇒兵庫⇒香川と転校して、香川の小学校では言葉が違うと男の子から随分いじめられました。

当時は、言い返すことなど全く思いつかず、泣くしかなかったです(苦笑)
 

その後、小学校の体育の先生から なかば強引にスポーツ少年団に入ることを勧められ、水泳、陸上、ソフトボールと かけもちして運動することになりました。
 
すると、メキメキと運動能力が伸びて、自然と「圧」も出てきたのでしょう
それからは、いじめられることがなくなりました。
 
 

 
 
 
斎藤一人さんの別のご著書『幸福力』の中では、このようにもおっしゃっています。
 
— ☆ —————–

人は、何回も生まれ変わるんですけど、動物から魂が上がってきて、人間になりたての人もいます。
 
ちょっと前まで動物だった人がいます。
なかには、爬虫類だった人もいます。
猛獣だった人もいます。

 
そういう人って、人間に成りたてなんです。
弱い者を見ると、集中的にいじめたりするんです。
 

そういう人に出会ったらどうするか。
会ったらまず逃げる。

この人を治してあげようとか、説得しようとか、そういうことをしちゃだめです。
 

例えば、あなたが山の中に入っていて、山の中で、オオカミやトラが出てきたら、まず逃げるでしょう。
説得しようとか、手なずけようとか、してもだめなんです。
 
 

— ☆ —————–
 
 
 
これも、3つめの大切な項目として、頭に入れておきたい内容です。

天才発明家の政木和三先生も、同様のことをおっしゃっています。
 

発明家の政木先生が、インスピレーションを得て、“フーチ”という道具によって、人間性を測定する方法を発明されます。これは「政木フーチパターン」と呼ばれます。
 
このフーチパターンによって、政木先生はその人の人間性や知能指数などがわかったそうです。
 

そして4万人以上の人を測定する中で、前世が犬の人、インコの生命体を持つ人、また人間でもなく犬でも猫でもない、別の生命体の人など、様々な人がいることが分かってきました。
 

政木先生がこのようにおっしゃっています。

「前世が動物で、今世で初めて人間になった人は、人間のしきたりがわからずに、多くは迷っている」(※『精神エネルギー』参照)
 

***
 

やはり、身に危険を感じるような人であれば、離れることが一番ですね。
私たちには、誰しも「直感」というすばらしいセンサーがあります。

第一印象で「この人は何かおかしい」と違和感を感じるならば、知性で打ち消さず、感覚を優先されるほうがよいでしょう。
 
 

 
 

あなたの周りの心優しい人が、悪意を持った人にお困りでしたら、下記の3つを教えて差し上げてくださいね:.。*.・゚

(1)ビクビクした態度をやめる
(2)魂が傷つくことを言われたら「やめてください」とキッパリ言う
(3)直感で危険を感じる人からは逃げる

 
 

 
 
 

ありがとうノート/感謝ノートで心の健康を取り戻す

2016年10月5日

五木寛之さんは作家として世に出てからしばらくたった40代の終わりから50代のはじめにかけて、深刻なウツ状態に陥ってしまったそうです。
 

ありがとうノート.jpg
 

その間、しばらく仕事を休んで、京都の龍谷大学で仏教学の聴講生となった後、『風の王国』という小説で仕事に復帰しましたが、60代を過ぎたころに、ふたたび深刻なウツ状態が訪れます。
 
 

■うつを乗り切った方法
 

このうつを、五木さんが乗り切った方法をご紹介しますね:.。*.・゚
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 

一度目のうつ状態の時は「歓(よろこび)ノート」
二度目は「悲しみノート」というものを作りました。

つまり、その日1日で心に残ったことを、なんでもいいから書きとめる日記みたなものです。
1度目と二度目は、そうすることで心を少しずつ解き放つことができ、うつな気分はいつしか離れていきました。

しかし70代で訪れたうつ状態は3度目の正直かと思うほどに深刻でした。
ほとほと困りはてたすえに、今度はありがたいなぁと感じたことを、一行ずつ書きつける
「あんがとノート」をはじめました。

これが意外に効果があって、ようやく立ち上がり、また仕事を始めることができるようになったのです。
 

ありがとうノート2.jpg

 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 

五木さんのプロフィールを拝見していると、何度か「断筆」の時期があり、それがうつのためだったと知ったのは、五木さんの『人間の覚悟』を読んだ時でした。
 

3度目のうつの時には、前回の「歓びノート」「悲しみノート」では対応しきれず、感謝の気持ちを書き綴る「あんがとノート」によって心の健康を取り戻したというのは、それだけ感謝のエネルギーが強いものなのだなと改めて感じます。

薬なども一切使わず、書くことだけで心を吐き出しながら浄化できるというのは、日頃ちょっと気分が優れない時にも大いに使える内容ですね。
 

つい先日、五木寛之さんが23年ぶりに大河小説『青春の門』の続編の連載がはじまると新聞で読みました。84歳からの再スタートです:.。*.・゚

うつで苦しまれたどん底のご経験を乗り越えて、生涯現役の五木寛之さん。
まだまだお元気でたくさんの作品で私たちを楽しませてほしいです:.。*.・゚

※『人間の覚悟』参照
 
 

 
 
 

うつ病はなぜ存在するのか

2015年10月30日

私たちは抑うつ状態になったり、あれこれと心配してみたり、様々な負の感情を抱きますよね。

それらの感情も、実は私たちが生き延びるために有益なものであることがわかってきたそうです。

今日は『進化からみた病気「ダーウィン医学」のすすめ』からご紹介しますね:.。*.・゚
 

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_sクローバー.jpg
 

— ☆ ———-
 

もっとも多く見られる精神疾患のひとつであるうつ病は、ストレスにさらされたヒトのうち、程度の差こそあれ、かなりの割合のヒトが発症すると言われる。

うつ病にまで至らない「抑うつ状態」であれば、ほとんどのヒトが経験しているだろう。
 

うつ状態になるという性質がそのくらい普遍的に見られるのであれば、過去何万年かを生きてきた我々の先祖にとって、生きるために必要だったと推測される。

まず考えられるのは、ストレスの多い環境に遭遇した場合の対策という可能性である。

うつ状態になって活動性を低下させて「引きこもる」ことが、無駄な活動を避けて生き延びる知恵として有効に働くという考え方だ。

病気とはみなされていないが、否定的な精神活動である恐怖感や不安感には、明らかに生物学的意義があることが証明されている。

「臆病な」性質を持ったグッピーと、大型のサカナなどを見ても逃げない「勇敢な」性質を持ったグッピーを、捕食者であるバスと一緒に飼育した実験がある。

すると、勇敢なグッピーはあっという間に食べられて全滅してしまったのに、臆病なグッピーの中には、生き延びることができたものがいたという結果がある。

つまり、臆病や不安になりやすい性質は、生き残るために有利な性質なのだ。
 

— ☆ ———-
 
 

一見するとマイナスに捉えられがちな性質ですが、それらの資質が備わっているお陰で、悪環境の中で活動量を低下させ、体力を温存することによって、子々孫々へ命のバトンをつなぐことに役立っていたのですね:.。*.・゚

日本人の多くは不安・心配性の遺伝子を持つと言われますが、それが日本人にとって有利に働いている面もかなり多いのでしょう。
 

40750f173262f993c5e19126ffab8d61_バラ.jpg
 

私が尊敬する経営者の方の中には、一見すると豪放磊落に見えるのですが、よくよくお話をお伺いしていると、「私は心配性で・・・」と話されてそのギャップに驚くことがあります。

だからこそ、あらゆる状況を事前に想定して準備を怠らず、競争の激しい世界の中でも、堅実に成果を上げていらっしゃるのだなと気づかされます。
 

またこの書籍の中に書かれてありましたが、妊娠初期に起こるつわりも、胎児を守り安全な出産を確保するために進化した性質なのだそうですね。
 

私も妊娠初期の頃はりんごしか食べられず、市販のお弁当は匂いをかぐだけでもダメでした。

本能的に「これは赤ちゃんを守るための体の仕組みではないか」と感じていただけに、ようやく答え合わせができたようで納得でした。
 

強いつわりを経験している妊婦さんはとても大変だと思いますが、つわりを全く経験しなかった妊婦さんに比べると、流産の確率が半分だったというデータもあるそうです。

つわりが発症する期間は、胎児に奇形が発生しやすい妊娠初期の3ヶ月付近であり、それを過ぎると劇的に消失するそうですから、すべては神から与えられた恵みなのだと感じますね:.。*.・゚
 
 

 
 
 

さだまさしさんが35億の借金があってもへこたれなかった理由

2015年1月8日

幸せホルモンには2つあって、一つは自分を幸せにするセロトニン。
もう一つは相手を幸せにするオキシトシンがあります。

オキシトシンは別名、「愛情ホルモン」「思いやりホルモン」「共感ホルモン」とも言われます。
今日はオキシトシンの秘密について、諏訪中央病院名誉院長でもあり、作家でもある鎌田實さんのご著書『がまんしなくていい』からご紹介しますね.。.:*・°
 

4a344959740c2d19767864c129538b57_オキシトシン.jpg
 

— ☆ ———-

オキシトシンは脳の視床下部で作られる。

家族の絆を意識したり、他人のことを優しく気遣って、誰かのために何かをしている時も分泌していることがわかってきた。

利他的な気持ちで行動するたびに、その人の中でオキシトシンがより多く分泌される。

そして親切にしてもらった相手の体内でも、優しくされたことを喜び、何かお返しをしたいと思うことでオキシトシンがあふれ出してくるのである。
 

***
 

さだまさし(シンガーソングライター)は、オキシトシンを過剰に出す人だ

そして発想がやわらかい。それがさだまさしの強み。
だから、どんな状況になってもへこたれない。
 

ぼくは、まさしさんが29才の時につくった28億(金利を含めて35億)の借金について質問した。

「よく首をつらなかったね」

「死のうなんて、全然考えなかった。破産したほうが楽になると言ってくれる人もいた。でも、そうしたら、さだまさしなら返せると思って貸してくれた人が困るだろうな、がっかりするだろうなと思った」
 

相手の身になって考えている。
相手の身になって考えるとき、オキシトシンが出るのだ。

まさしさんが借金のストレスに負けないで、ストレスを緩和できたのは、相手の身になって考え続けたからかもしれない。
 

35億もの借金を背負い、それを返し続けていたら、普通ならそのストレスで血管がボロボロになり、病気にならなくても老化が著しいはずだ

でもまさしさんは相変わらず若々しく、世界じゅうを飛び回っている。
それは彼がオキシトシンの人だからだ。

— ☆ ———-
 
 

さだまさしさんのエピソードに大きく心動かされて、色々調べていたら、すっかり魅了されてファンになってしまいました(笑)

さだまさしさんは借金を返済するために、年に100回以上のコンサートを行い、2013年にはソロ公演4000回という日本記録を打ち立てられました。
そして58才の時に借金を完済(!)

 

2013309746299コンサート.jpg
 

以前、『脳ストレスが消える生き方』(有田秀穂著)を読んでいて、深く感銘を受けたことがあるのですが、オキシトシンには、恐怖を感じにくくなる作用もあるそうです。

母親が、自分の命を投げ出してでも子どもを守ることがあります。

あれは、オキシトシンによって脳が「恐怖を感じない脳」に作り替えられているからできることなのだそうです。

神さまはなんとすごい仕組みを作られるのか・・・と思いました。
 

さだまさしさんが、借金35億の恐怖に潰さることなく、30年の長きにわたって借金を返済できたのも、さださんの利他的なお人柄によって、オキシトシンが常に分泌されて、恐怖が緩和されていたのかもしれません。
 

人を思う優しい気持ちや愛情は、決して人のためだけではないということがとてもよくわかる素晴らしいエピソードですね.:*・°
 
 

 
 
 

あなたの居場所はそこだけではありません/川村妙慶

2014年5月14日

今日は、僧侶の川村妙慶さんの言葉をご紹介しますね.。.:*・°
 

タコ8d21ac22cec0dc4784f77d025b70a1c0_s.jpg
 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ある漁師さんが
「妙慶さん!タコが獲れたから食べないか?」と1匹まるごともってきてくださいました。

タコはどうやって獲るかというと簡単です。タコ壺で獲るのです。
つまりタコの習性を利用するのです。
 

タコは壺の中に入ると、ここは自分の安全なすみかだと思うそうです。
外から壺を揺らすと、タコは壺の底へと逃げていきます。
そこで一気に壺を引き上げて、簡単に獲れるというしくみになっています。
 

壺の底へしがみつくことしか知らない習性のため、実はもっとも危険な場所ともわからずに、獲られてしまうのです。

私たちも似ているところはないでしょうか?
 

悩み、追い詰められたとき、
「もう私の居場所はここしかない!」と思い込んでしまう癖がないでしょうか?

あなたの居場所はそこだけではありません。
環境を変えてみるのです。

 

※『心のしくみがわかる本』参照

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 

私たちは変化を怖れ、自ら変わることに恐怖を覚えますから、その場所にしがみついてしまう気持ち、とってもよくわかります。

何度も転生を繰り返し、ようやく人間として生まれてきた私たちは、”食べられる”という魂の修行はすでに終えていますが、退路を断たれてしまい、後戻りできない自体に陥ることがあります。
 

けれども、その時こそが実は大きな恵みなのでしょう。

今世で乗り越えられない壁は、来世に持ち越されると言われますから、
「あなたは、もうそれを乗り越えることができる力を備えているんだよ」という霊界からの声なのだと思います。

あなたが救いの道を自らの元にたぐり寄せて、1日も早く肩の重荷を下ろせる日が訪れることを心から願っています。.:*・°
 

***
 

現代版マヤカレンダーでは、今日からエネルギーが切り替わりました.。.:*・°
詳細はこちらをご覧くださいね.。.:*・°
 

救いの道4112147.jpg
 
 

 
 
 

初めてお越しの方へ

お問い合わせ

ブログ:美保まりのスピリチュアルギフト

カテゴリ

アーカイブ

セッションメニュー

お得な割引システム

アフターフォロー制度

よくあるご質問Q&A

セラピスト紹介

体験談

料金表

お申し込み

お問い合わせ

無料メールマガジン

リンク

モバイルサイト

スピリチュアルライフ研究所

対応エリア

日本全国、また海外在住の日本人の方にもお送りしています(対面でのヒーリングと効果は全く変わりません)

  • 北海道
    札幌市 など
  • 東北
    青森県、岩手県、宮城県(仙台市 など)、秋田県、山形県、福島県
  • 関東
    茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県(さいたま市 など)、千葉県、東京都(板橋区、大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、豊島区、中野区、練馬区、港区、目黒区、 中央区、千代田区、文京区、台東区、墨田区、江東区、北区、荒川区、足立区、葛飾区 江戸川区 など)、神奈川県(川崎市、横浜市 など)
  • 北陸
    新潟県、富山県、石川県、福井県
  • 中部
    山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋市 など)、三重県
  • 近畿
    滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸市 など)、奈良県、和歌山県
  • 中国
    鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 四国
    徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 九州
    福岡県(福岡市 など)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇市 など)

PayPal
ペイパル決済に対応

twitter

mixi

facebook

ヒーリング用語辞典

今日のマヤカレンダー

考え方セラピー

おすすめBook

   あなたの願望・お悩みを遠慮なくお伝えください。幸せな人生を送るお手伝いをさせていただきます。