ストレス改善や新たな自分を発見する無料正確診断

無料メールマガジン登録

読むだけで強運体質になるためのお役立ち情報をプレゼントしています。

強運の女神に愛される開運ナビゲーション

スピリチュアル・精神世界のブログ記事

ダメなときほど運はたまる/萩本欽一さん

2017年6月28日

萩本欽一さんと言えば、コメディアン、タレント、司会者、ラジオパーソナリティー等で活躍され、驚異の高視聴率を連発して、テレビ界を席巻されたことで、多くの方がご存知だと思います。
 
 

 
 
私はテレビでお馴染みの“欽ちゃん”のイメージしかありませんでしたが、大変お世話になっている方から「萩本欽一さんの本はとってもスピリチュアル」とご紹介をいただいて、早速読んでみました。
 
萩本さんが【運】というものをとても大切にされていて、萩本さん独自の【運】の哲学が、とても深かったです。
 
萩本さんが【運】を強烈に意識するようになったのは高校生の頃。

萩本さんの家には毎日のように借金取りがやってきて、自分の家はモーレツに貧乏なんだと気づいたことがきっかけだったそうです
 
今日は、萩本さんが一番苦しかった高校生の頃のあるエピソードがとても印象的だったのでご紹介しますね☆.:。.*・°
 
 

 
 
 
— ☆ ———-

大人になって成功する人は、若者を惹きつけるいい言葉を持っています。
高校時代、忘れられない思い出があります。
 
このころ僕の家は、税務署が差し押さえに来るほどお金に困っていたので、いろいろなアルバイトをして、家計を助けながら自分の学費も出していたんです。
 
甘納豆屋さんでアルバイトをしていたある日のこと。
自転車で甘納豆を配達に行く途中、うしろに積んでいた荷物で、横を走っていた車を傷つけちゃいました。
 
僕はぜんぜん気がつかなかったんですけど、うしろからパンパンッってクラクションを鳴らされて止まったら、車から降りてきたおじさんが、車にできた引っかき傷を指して言うんです。
 
「見ろ、これお前がやったんだぞ」
「すいません。でも僕、気がつかなかったんです」

「名前は?」
「言えません。僕、高校生で、今はアルバイトの途中なんです」
「じゃあアルバイト先の名前を言え」
 
「言えません。僕の時給270円なんです。母親を助けようと思って働いているので、これを弁償することになったら母親が泣きます。アルバイト先の会社も、時給270円で雇っているアルバイトの弁償金を払うことになったら大変だと思います。

だからおじさん、名前とか会社とか聞かないで。僕がおじさんの会社で働けばいいんじゃないの?僕、1年でも2年でもおじさんの会社で働いて、車を傷つけた分のお金を返します」
 
 
そう言ったらおじさん、スッと背を伸ばして僕に頭を下げたんです。

「すまん、君の言っていることは正しい。僕もアルバイトから始めて、今こうやって車に乗れるようになったんだ。そのことをすっかり忘れていたよ。怒ってすまなかったな。君、学校を卒業したあと、もしよかったらうちの会社にきてくれ」
 
僕に名刺を手渡して、おじさんはブワ~ンと去っていきました。
呆気にとられて見送ったあと、泣いちゃった。

かっこいいなぁ、僕もああいう人になりたい!
どんな偉人より、僕にはお手本になった人だった。

一生の恩人です。
 
 

 
— ☆ ———-
 
 
 
本当に、すてきなエピソードですね☆.:。.*・°

車を傷つけてしまった時、とっさの判断でこれだけのことを相手に伝え、提案できる高校生の萩本さんもすごいですし、また萩本青年の真摯な態度に、姿勢を正して頭を下げた男性もなんて粋なんでしょう!
 
 
萩本さんは高校生の頃、アルバイト経験を通じて「自分は損な役回りを率先して引き受けて、一生懸命やろう」と思ったそうです。

そのほうが人間関係が円滑になったり、信頼関係が早く結べることを、体験を通じて覚えたそうです。
 
ですから、このような困った場面でも、ほぼ反射的に、母親、雇い主、そして相手の男性のことを、心から想う言葉が飛び出たのでしょうね・・・。

高校生の萩本さんに教えられます。
 
 
萩本さんは「誰でも運の貯金通帳を持っていて、その人の生活に応じて増えたり減ったりしている」とおっしゃっています。
 
 

 
 
例えば、萩本さんは短時間で大金の入るコマーシャルの仕事は、当時、テレビですでに大成功していた自分にとっては、“運の貯蓄”という意味からはマイナスになると判断して、すべて断っていたそうです。
 
萩本さんがテレビの仕事をいったんやめた理由も、テレビで成功していた期間が16年。萩本さんがものすごく貧乏をしていたのも16年だったことに気づかれて、苦労していた時代に貯めた運の収支決算をした時に「あっ、もうこれ以上、大きな運はつづかないぞ」と思って、さっと身を引かれたそうです。
 
 
萩本さんは、こうして、常に運のバランスをご自分で測りながら生活をしているそうです。
 
決して運を一人占めしようとせずに、長い人生をトータルで考えれば【運と不運は半分半分】というゆるやかな考えが、大難を小難にする萩本さんの生きる知恵なのかもしれませんね。
 
長く成功を続けられた萩本さんの、体験に基づいた生き抜く知恵と、面白い視点をいっぱいもらえた、すてきな内容でした☆.:。.*・°

※参照『ダメなときほど運はたまる』『続 ダメなときほど運はたまる』
 
 

 
 
 

亡くなってもすぐに転生できた理由/政木和三先生の奇跡の数々

2017年5月28日

今日は、自動炊飯器やエレキギターをはじめ、3000件以上の発明をされた、工学博士であり天才発明家の 政木和三先生のご著書からご紹介しますね:.。*.・゚
 
 

 
 
政木先生の前世は、お釈迦さまの教えを日本に広めた日蓮上人でいらっしゃるそうです。
 

常に人々の幸せを願っていらした日蓮上人のように、政木先生も発明品の特許を出願し認可されても、特許料は放棄されたそうです。

本来であれば4000億から5000億入るはずなのですが、誰でも特許を利用できるようにされたとは・・・その社会貢献度は想像を遥かに超えます。
 
私は政木先生の発明品であるアルファシータバイオライト、神経波磁力線などを、今も宝物のように大切に愛用しています☆
 
* * *
 
政木先生は、脳波を“瞑想の極地に達したような精神状態”の【シータ波】にすることで、遠い過去や未来も見通されていました。数々の発明品も、脳波をシータ波にすると、わずか数秒でできあがったそうです。
 
政木先生は昭和47年に「棒磁石を芯にした振り子をつくれ」というインスピレーションがわき、それに触発されて作った人間測定器を「政木フーチパターン」と名づけます。
 
政木先生は約7万人の方々の人間性を、政木式フーチパターンによって測定されながら、様々な悩みのご相談にも乗っていらしたそうです。
 
今日はその時のエピソードから 印象深い内容を、政木先生のご著書『欲望を捨てれば不可能が可能になる』からご紹介しますね:.。*.・゚
 
 

 
 
— ☆ ——————————

岡山の研究所へある夫婦が訪ねてきた。
娘が病気なのでみてくださいと言うので、フーチパターンで測定してみると、14歳で死ぬとの表示であった。
 
これを聞いて、母親は泣き出した。
14歳まではあと2か月である。

私はこの子は2カ月後に死ぬことが、一番幸福なんですよ。だから2カ月後に死ぬことを夫婦で祝福してあげなさいと言ったが、母親は泣きやまなかった。
 
 
しかし、2か月あまりして再びやってきて、言った。

「娘は14歳のお誕生日に亡くなりました。けれど、淋しくも悲しくも、なんともありませんでした。その少し前から14歳で死ぬことが本当に本人にとって幸福だからと心から思うようになりましたので、死んだ瞬間に祝福する気持ちになりました。」
 
さっそくフーチパターンで調べてみると、死の瞬間に天上界へ昇って成仏し、再びまた人間界に戻り、元の母親の胎内に宿っていることがわかったのである。
 
そこで「あなたは妊娠していますよ。娘さんが死ぬ時、父母の祝福によって死んだために、余念も執着もまったくなく、死ぬと同時に光の天上界へ行き、完全成仏によって、直ちに母胎に戻ってきたのです。今度の肉体はとても健康ですから、長生きできますよ。娘さんもお母さんも本当に良かったですね」と言った。
 
 

 
 
— ☆ ——————————
 
 
 
私たちは何度も転生を繰り返し、その都度、様々な役割を体験しながら、霊性を磨いてゆきます。

通常私たちが魂の故郷に戻ると、しばらくは霊界での修行があって、再びこの世に生まれ変わると言われますが、これほど早く転生する事例があるとは驚きでした。
 
政木先生は子どもが亡くなった時、いつまでも親が泣いていると、両親が死んで余念が消えるまで、子どもは成仏できず迷うことになるとおっしゃっています。
 
魂の故郷に旅立つ時は、自殺を除いて、それが何歳であってもその人にとっての天寿と言われます。

使用困難となってしまった肉体から、新しい肉体に移ることを祝福してあげることのほうが、愛する人やペットのためでもあるんですね:.。*.・゚
 
 
 
 
 
政木先生のご著書には、通常では考えられないような不思議なエピソードがたくさん出てきます。
 
それはなぜかと言うと、政木先生が今世は科学者になるべく転生したため、科学で説明のつかないことは、幻想か錯覚だと考え、今世では、全くの無神論者だったからだそうです。
 
神々は、政木先生があまりに疑い深いため、神秘の力をこれでもかと政木先生に見せつけ、政木先生に“精神革命”が起こります。
 
このことが大きな転機となって、政木先生は、超常現象を非科学的だと思っていた自分の浅はかな独断を、心から恥じるようになります。

そしてこの世には、人間の知らないもう一つのエネルギーが存在するのだ。それを探求することが、真の科学者ではないのかと考え始めます。
 
その後、政木先生の身のまわりに、信じられないような奇跡の扉が次々と開かれてゆくようになったそうです:.。*.・゚
 
 

 
 
 

言霊の力と加速の法則/斎藤 一人

2017年1月30日

今日は斎藤一人さんと舛岡はなゑさんの共著『これまでしたことのない話』から、言霊の力によって運気を加速的に上げるコツをご紹介しますね.:。*.*・°

斎藤一人さんは、銀座まるかんの創業者で、納税額日本一の実業者として知られている方です。
 
 

 
 
— ☆ ———-

ホントに人生は、何を思うか、何を言うかで、ぜんぜん変わってきちゃうんだよ。
本当に言霊の力ってスゴいの。

「いやぁ、オレって、しあわせだよなぁ」って言うと、なぜか幸せを呼び寄せるんだ。
たとえ、思ってなくても、言った言葉のほうが現実になりやすいんだよ。

そば屋に言ったとき、かつ丼を思い浮かべながら「もりそば」と言うと、言葉で言ったほうの、もりそばが出てくるよね(笑)
 
人間の脳や人の思いは、言葉に影響されるんだよ。
だから「言霊が大事だ」って、オレは言うの。

人生何を言うかなんだよ。
言ってると、心が伴ってきちゃう。

 
———- ☆ —
 
 
一人さんの例え話は、本当にわかりやすくて大好きです(笑)

このことを「本当にそうだな・・・」と思った出来事がつい先日ありました。
苦手な会計作業にヘトヘトになり、Amazonプライムで適当に選んだドラマを流しながら作業をしていました。
 
そのドラマでは、妻夫木聡さんが大学4年生のさわやかな青年役を演じていました。
有名な俳優さんなのに、テレビを見ないので全く知りませんでした(笑)

2004年に放映されたドラマなので、妻夫木さんが20代前半の頃の作品ですね。
繊細な感情表現のうまい俳優さんだなと思い、少し他の作品を検索してみました。
 
様々な役柄に精力的にチャレンジされていて、演技派俳優さんだけあって、発する言葉や表情が変われば、同じ妻夫木さんのはずなのに全くの別人になってしまうんですよね・・・

同じ人でもこんなに受ける印象が違うことに、改めて【人間って言葉や表情から成り立つ存在なんだな・・・】と実感しました♪
 
私たちの発する言葉やしぐさなどが変われば、周りの人の受ける印象もガラリと変わるので、運気も連動していくのは”自然の理“でもあるのでしょうね。
 
 

 
 
 
ここから、少しスピリチュアルな話になりますが、私たちが言葉を大切にし、自分の霊性を高めたいと願い、そのための努力を続けていけば、それに見合った守護霊、守護神に交代してゆきます。

ありがたいことに、守護してくださる方々の交代は比較的頻繁に行われるそうです。
 
 
私たちの性格や能力、才能は霊団の影響を色濃く受けるので、力のある霊団に頻繁に入れ替えが起こってゆけば、運気は必然的によくなってゆきますよね。

ただ逆に言えば、人生をむだに過ごしていると霊格の低い霊に交代してしまい、悪循環が加速してしまうこともあるそうです
 
 
力のある守護神、守護神に交代していただくと、さらに上の段階に踏み込んでいくことも可能で、守護霊団の力によって、能力以上の力が身につくこともあるそうです。
 
 
世に名を残すような人の多くは、そのような守護神の力と自らの努力で、運を手に入れることができた人たちだそうです。

私たちは霊界と表裏一体の存在ですから、日々の行いをいつもより意識しながら、よい霊団の方々に味方になっていただきたいものですね☆.:。.*・°
 
 
【お知らせ】

現在、公式サイトの引越し作業を行っています。サイトの見た目は変わりませんが、2月末ごろまでは、サイトが一時的に見づらくなることがあるかもしれません。その場合は、携帯専用サイト⇒http://mihomari.jpn.org/をご覧いただければ幸いです:.。*.・゚
 
 

 
 

神様から与えられる試練/眼瞼痙攣

2016年9月16日

10年ほど前のことですが、私は眼瞼痙攣(がんけんけいれん)という目の病気を発症しました。
 

眼瞼痙攣(コスモス).jpg
 

ある日のことですが、いつも通りにパソコンの画面を見ていると、突然画面が眩しくて、まともに目を開けていられないような辛さを感じました。
 

ドライアイなのかな?と思い、病院で診察していただくと眼瞼痙攣と告げられました。

眼瞼痙攣とは、脳からの指令の誤作動によって、目の開け閉めのスイッチが故障した状態になるものです。原因は不明で、根治的に治す方法もわかっていません。

私もまぶたが痙攣して瞬きが止まらなくなり、目を一生懸命開こうにも半分しか開きません・・・。
 

当時、パソコンの画面は常にまぶしくて、画面の照度を最低限にさげてもまだまぶしく、サングラスをしながら1日3~4時間、ようようパソコンに向かうという状態でした。夜間の運転時は、前の車のテールランプが目に突き刺すように感じられます。
 

離婚して数年間、がむしゃらに仕事をしていましたが、このまま子どもを抱えて仕事を続けられるか不安になり、私がとても信頼していたMさんに自分の状況をお話しました。

そして「ぜひこの方にお会いするといい」とご紹介くださったのが、私がもう10年ほどヒーリングを学んでいる師なのです。
 

劇的だったのは、師にお会いした日の夜、「あれ!?パソコンの画面がそれほど眩しく感じられない・・・」と思って、少しサングラスを外してみました。するとそのまま30分ほどサングラスなしでパソコンが打てたのです。

サングラスをはずしてパソコンを打てたのは実に3ヶ月ぶりのことで、この体験は劇的でした。
その後、ヒーリングと平行しながら生活改善を試みて、時間はかかりましたが完治しました。
 


 

ヒーリングの師は、神々と直接交信する手段をお持ちです。
そして、霊格の高い神々のメッセージを惜しみなく私たちに教えてくださいます。
 

私は目の病気が治ったあと、この病気は師に巡り逢うために、「眼瞼痙攣」という病気を体験をさせられたんじゃないか?と感じていました。

病気にならなければ、当時信頼しているMさんに、自分の困った状況をお話する機会もなかったですし、師をご紹介いただくチャンスもありませんでした。
 

サングラスを外して、3ヶ月ぶりにパソコンを打てた時の感激は、不安でいっぱいだった私の心を励ますにあまりあるものでした。この体験がなければ、用心深い私が、すぐには師の力を信頼できなかっただろうと思います。

その後も、何度も奇跡とも思えるような不思議な体験をくりかえし、「私は生涯、この師についていこう!」と一点の迷いもありませんでした。
 

眼瞼痙攣(バラ).jpg
 

目が治ってから数年後、「目の病気は神様が計画されたことではないか?」と思っていたことへの【答え】とも思える、神々の言葉を師が降ろされたのでご紹介しますね:.。*.・゚

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
魔とは本来、人間から生じた邪悪な念を由来としますが、天が与える魔も存在します。
それは神が与える「負の加霊」で、成長を願う愛の鞭です。
神々がその人の成長にあわせて、絶対に乗り越えられる試練を与えるのです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 

「救いと災いは同時にやってくる」と、神々がよくおっしゃっています。
私も病気がきっかけで、とてもお会いできないような師に巡り逢うことができました。
 

生きていれば幸せを感じる日々もあれば、辛さに打ち砕かれそうな日々もありますよね。

どうして自分だけが・・・と天をうらみたくなる日もあるかもしれませんが、今体験されている辛い出来事も、 もしかすると、神々が成長を願って与えてくださっている【愛の鞭】なのかもしれません☆.:。.*・
 

(※スピリチュアルライフ研究所は宗教とは関係がなく、勧誘等も一切行っておりません)
 
 

 
 
 

陰徳を積んで幸せになる

2016年8月13日

ヒーリングを学んでいる師は、高い波動を持つ存在と交信する手段をお持ちで、色々なことを教えてくださいます。

宗教と勘違いされてしまうため、師から教えていだいくことをブログに書くことはあまりありませんが、今日は大切な内容なのでご紹介させていただきますね:.。*.・゚
 

陰徳について(蓮の花).jpg
 

今、本当に価値あることや正しいもの、学ばなければいけないものが、故意に見えなくされ、教えられない社会になっているそうです

この地上世界は、決して戦争を起こすところでもなければ、財や物を消費して楽しむ場でもなく、私たちが魂の修行をするための場だと、高い霊格を持つ存在がおっしゃっています。
 

少しでも子々孫々や周りの方が幸せになることを考えていくことが、神々の御心に添うことにつながり、そういう行動のできる方は、神々の絶大なご加護があるそうです。

これは宗教でもなんでもなく、不変の真理とご理解いただければ幸いです。
 

実業家の稲盛和夫さんは「経営者も、天地自然の神さまへの感謝という気持ちがない人は、実業界では成功していませんよね」とおっしゃっています。

伊藤忠創立者の伊藤忠兵衛さんは近江商人で、「商売忘れてもお勤め忘れるな」と言われるほど信心深かったそうです。

松下幸之助さんも、ご著書を拝見していると、先祖供養の大切さをよく説いておられます。
 

陰徳について(花火).jpg
 

かつてお釈迦さまは亡き先祖を思い出し、陰徳を積むようにとおっしゃいました。
陰徳とは目立つことのないよい行いのことです。

見返りを求めない気持ちで行うことですから、周りの人が気持ちよく過ごせるようにお掃除をするなど、どんな小さなことでもかまいません。

これらの陰徳を日々コツコツと積み重ねることは、一族の災いや霊障を幸福に変える鍵となるそうです。
 

私たちは死んだら終わりだと思うと、周りの迷惑も意に介さずに過ごしてしまったり、見つからなければ大丈夫と悪事に走る人もいるかもしれません。。
ところがそのように過ごしてしまうと、亡くなられた後、地獄に進んでゆくそうです。
 

地獄は実際に存在していて、地獄での責め苦は想像を絶するもののようです。

そのため、旧暦の7月が近づくと、地獄で苦しむご先祖さまの念が「陰の気」となって地上にあふれ出てしまうため、お盆が近づくと、事件や事故、異常気象が多発するそうです。

ですから、昔の人はこの時期に先祖供養のお祭として、お盆の法要を行っていたのだそうです。
こういうことはなかなか教えてもらえないですよね。
 

陰徳について(風鈴).jpg
 

私たちには選択の自由がありますから、何を信じても、また信じなくても大丈夫ですが、自分さえよければそれでいいという自己中心的な考えで霊性を汚すと、「生き地獄になってしまいますよ」と神々が警告されています。

私たちの幸せを左右するものは、一族の持っている【徳分】が多いか少ないかが大きく影響していると言われます。
 

お盆の時期ということもありますから、これまで守っていただけたことをご先祖さまに心から感謝し、ご先祖さまに恥じない、清らかな生き方へと切り替えてゆくことができればいいですね:.。*.・゚

(※スピリチュアルライフ研究所は宗教とは関係がなく、勧誘等も一切行っておりません)
 
 

 
 
 

初めてお越しの方へ

お問い合わせ

ブログ:美保まりのスピリチュアルギフト

カテゴリ

アーカイブ

セッションメニュー

お得な割引システム

アフターフォロー制度

よくあるご質問Q&A

セラピスト紹介

体験談

料金表

お申し込み

お問い合わせ

無料メールマガジン

リンク

モバイルサイト

スピリチュアルライフ研究所

対応エリア

日本全国、また海外在住の日本人の方にもお送りしています(対面でのヒーリングと効果は全く変わりません)

  • 北海道
    札幌市 など
  • 東北
    青森県、岩手県、宮城県(仙台市 など)、秋田県、山形県、福島県
  • 関東
    茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県(さいたま市 など)、千葉県、東京都(板橋区、大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、豊島区、中野区、練馬区、港区、目黒区、 中央区、千代田区、文京区、台東区、墨田区、江東区、北区、荒川区、足立区、葛飾区 江戸川区 など)、神奈川県(川崎市、横浜市 など)
  • 北陸
    新潟県、富山県、石川県、福井県
  • 中部
    山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋市 など)、三重県
  • 近畿
    滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸市 など)、奈良県、和歌山県
  • 中国
    鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 四国
    徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 九州
    福岡県(福岡市 など)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇市 など)

PayPal
ペイパル決済に対応

twitter

mixi

facebook

ヒーリング用語辞典

今日のマヤカレンダー

考え方セラピー

おすすめBook

   あなたの願望・お悩みを遠慮なくお伝えください。幸せな人生を送るお手伝いをさせていただきます。