ストレス改善や新たな自分を発見する無料正確診断

無料メールマガジン登録

読むだけで強運体質になるためのお役立ち情報をプレゼントしています。

強運の女神に愛される開運ナビゲーション

美容・健康・ダイエットのブログ記事

“疲れが抜けない体質”の効果的な改善法は?

2016年8月28日

毎日、何か定期的に運動はされているでしょうか☆

10代や20代の頃は、スポーツにも親しむ機会も色々とあったことでしょう。

ところが、30代、40代に入ってくると、お仕事やご家庭のことで忙しくなり、運動する時間を捻出することも難しい毎日ではないでしょうか。
 

ところが、運動する時間を取らないことで【疲れが抜けない体質】になってしまうことをご存知でしょうか。
 

疲れが抜けない体質改善(タオル).jpg
 

ヒーリングのご相談では”疲れやすい“というお悩みもとても多いものです。
 

“疲れやすさ”と”運動”の密接な関係について、先月読んだ筑波大大学院教授 久野譜也先生の、下記の2冊がとても面白かったのでご紹介しますね:.。*.・゚

※『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由』
※『寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい』
 
 

— ☆ ———-
 

意外に知られていないのですが、筋肉量の低下は「疲れやすさ」に直結しています。
 

20代の筋肉量を100だとすれば、40代になれば20%筋肉が落ちてしまっているのです。年齢が高くなれば、さらに筋肉量低下は進みます。

50代・・・30%減。60代・・・40%減。70代・・・50%減。
人間の筋肉は20代をピークとして、およそ年に1%の割合でじわじわと減っていきます。

 

みなさんの体の筋肉量を「車の排気量」として考えてみてください。

20代のときは5000ccの排気量があったとします。
それだけ馬力があれば、多少無理してガンガン走ってもへこたれません。

ところがこの排気量が30代になると4000cc。40代になると3000cc、50代で2000cc、60代で1000ccに落ちてくるとしたらどうなると思いますか

長い上り坂をみんなで走ろうというとき、50代の2000cc、60代の1000ccとなると、もうアップアップという状態になってしまうのではないでしょうか。
 

こうした「疲れを貯めやすい状況」を変えたいのであれば、日々筋トレに励むしかないのです。
 


 

今、世の中には「ウォーキング神話」といったものが存在しているようです。
もちろん、ウォーキングは健康維持にとてもいい習慣なんですが、ウォーキングだけでは筋肉を鍛えることができません。

ウォーキングと一緒に筋トレもやるべきなんです。
 

老けない体を作る3か条の鉄則

(1)「筋トレ」と「有酸素運動」の両方を行う
(2)上半身よりも下半身(とりわけ大腰筋)を中心に鍛える
(3)運動を一生にわたって継続していく

 

疲れが抜けない体質改善(ウォーキングマシン).jpg
 

— ☆ ———-
 
 

筋トレの大切さも、ウォーキングの大切さも、多くの方は十分理解されていると思います。
私はこの2つを組み合わせてこそ、スタミナのある体作りの本領が発揮されるということは、目からウロコでした☆
 

自宅にウォーキングマシンがあって、ここ数年はウォーキングしかしていませんでした。

久野譜也先生いわく毎日ウォーキングをしているから筋力低下の心配はないわなどと胸を張っている人は、じつはとても”残念な人“」とハッキリおっしゃっています(苦笑)

ウォーキングだけでは、足腰の筋肉は鍛えられず、筋力の低下を防ぐこともできないそうですね。
 

久野譜也先生が、とくに鍛えてほしいと言われている体の部位から3つをご紹介しますね。
※優先すべき順番から並んでいます。

(1)大腰筋
(2)大腿四頭筋(ハムストリングス)
(3)腹直筋(おなか周りの筋肉)

 

疲れが抜けない体質改善(鉄アレイ).jpg
 

久野譜也先生のご著書では、「なぜそれが必要か」「なぜ効果があるのか」という理由をわかりやすく説明してくださるので、頭で理解しないとエンジンがかからない私には、とても説得力のある内容でした。
 

【大腰筋の重要性】に、世界で初めて光を当てられたのも、久野譜也先生のグループだったそうです。
 

この2冊はとてもインパクトがあり”スイッチ”が入りました♪
私の「やることリスト」に、筋トレが加わったことは言うまでもありません。

と言っても、筋トレ自体は1日わずか10~15分程でOKという気軽さがうれしいです。
 

私は毎朝3つの筋トレ(4分×3セット合計12分)が終わるまで、絶対にパソコンを立ち上げないとルールを決めたことで、久野先生のご著書を読んでから5週間、忘れることなく続けることができました。このままよい習慣が定着しそうです♪
 

筋トレを一生続けることは、健康の貯蓄につながります。

けれども「万人にとって最も難しいのは継続することだ」と昔から言われているので、自分にあった【続ける仕組み】を工夫するのが、一番肝要なことなのかもしれません:.。*.・゚
 

ご著書には、簡単に取り組めるトレーニング法も紹介されていますから、ご興味のある方は手に取ってみられてくださいね:.。*.・゚

※『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由』
※『寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい』
 
 

 
 
 

星野式ゲルソン療法

2016年7月30日

私は日頃、ご縁のある方にヒーリングをお送りしています。
ヒーリングは医療ではありませんから、病気治しの目的で行うことはできません。

けれどもここ数年、原因のわからない体調不良に苦しむ方からご相談をいただくことが増えてきました。
 

私はジャンルを問わず様々な本を読みますが、健康関連の本も興味があるのでよく手に取ります。

その中から、まさに”食による治療”だなぁと感じた【星野式ゲルソン療法】についてご紹介しますね:.。*.・゚
 

ゲルソン療法緑の葉.jpg
 

著者の星野仁彦医師は、ガンが再発し5年後の生存率0%という極限の状態に立たされます。

そしてドイツの医師マックス・ゲルソンが、1930年代に開発した食事療法と”心中する覚悟”で取り組み、見事にがんを乗り越えられます。
 

星野式ゲルソン療法】とは、星野仁彦医師がご自身の経験を通じて、厳格なゲルソン療法を、お仕事しながら実行できるよう、また日本人の食生活にあうように、食材やレシピをアレンジしてくださったものです。
 

星野仁彦医師のご著書を拝見すると、あらゆる病気は【食が基本中の基本なんだ】ということが、骨の髄にしみこむような内容です:.。*.・゚
 

— ☆ ———-

私が出会ったゲルソン療法は、通常療法とは一線を画す食事療法だった。
開発したのは、ドイツの医者であるマックス・ゲルソン。

ゲルソンは、独自の食事療法で末期がん患者の約5割を治した実績を残している。

ゲルソンの生涯の友人だったアルバート・シュバイツァー博士(1953年ノーベル平和賞受賞)はゲルソンを「医学史上、希有な天才」と称賛している。

『末期がんを克服した医師の抗がん剤拒否のススメ』星野仁彦著 参照

— ☆ ———-
 
 

ゲルソン医師と生涯の友人であったシュバイツァー博士は、70代で糖尿病になり、精神にまで不調をきたして自殺を考えましたが、ゲルソン療法で治ります。

シュバイツァー博士の奥さまも、40代のとき、不治の病だった結核で死に瀕していましたが、ゲルソン療法で健康を取り戻し、80代まで生きました。
 

ゲルソン療法は、ガンだけではなくあらゆる病気に応用ができるそうです。

星野式ゲルソン療法】の基本をごく簡単にお伝えすると下記になります。

(1)無塩食
(2)油脂類と動物性タンパク質の制限
(3)大量かつ多種類の野菜ジュース摂取
(4)アルコール、カフェイン、タバコ、精製された砂糖、食品添加物の禁止
(5)イモ類、未精白の穀類、豆、野菜や果物、海藻やナッツ類を中心とした食事

 

塩を摂らない”無塩食”には、驚かれる方が多いかもしれません。
塩分は、自然の食べ物から摂ることのできるナトリウムで補充が可能だそうです。

フィリピンのルバング島でたったひとり、30年もの月日を生き抜かれた小野田寛郎さん(元・陸軍少尉)は、この間、塩を全く摂らない生活を送られていたそうです。

自然界で生きる動物も同様ですよね。
 

ゲルソン療法ジュース.jpg
 

本家本元のゲルソン博士も、医学生時代に重い偏頭痛にかかり、生野菜と生の果物を大量に摂ることによって、偏頭痛を克服されます。

そして、この治療法によって結核患者の大部分も治したそうです。

その他にも腎臓病、糖尿病、動脈硬化などの慢性病、成人病の治療にも応用して、同じように成果をあげていたそうですから、すごいですね・・・。
 

物事には何ごともコツがありますが、ゲルソン療法で忘れてはいけない大切なコツは、3ヶ月以上継続することなのだそうです☆

日本人向けにアレンジされた【星野式ゲルソン療法】について、詳細を知りたい方は、ぜひ星野仁彦著『ガンと闘う医師のゲルソン療法』という本をご覧ください:.。*.・゚
 
 

 
 
 

健康のカギは酵素/医学博士ポッテンジャーの猫の実験

2015年5月29日

生の野菜や果物など、加熱していない食べ物から摂る【酵素】の大切さは、ご存知の方も多いと思います。
 

2365170サクランボ.jpg
 

ヒーリングを通じて、ご健康に関する深刻なお悩みをお伺いする機会が多いので、今日は健康のカギを握る酵素について、参考になる内容をご紹介しますね。

1920年代にフランスで10年間にわたって行われた実験で、生食がいかに重要かがダイレクトに伝わってくる、有名な“ポッテンジャーの猫の実験”の話です。
 

――― ☆ ――――――――――――
 

ポッテンジャーという医学博士の実験があります。

900匹の猫を使い、生食と加熱食の違いを観察したものです。
 

与える食事(肉、骨、ミルク)を生食で与えた群は、何世代経っても正常で元気でした。

しかし、すべて加熱食にしたグループに異変が生じています。

1世代目には、産んでも子猫の死亡率が増加、産子数の低下、子育ての放棄、非常に粗い毛並み・・・などが観察されています。
 

2世代目には、多くの猫が人間でいう生活習慣病と同様の病気を発症しています。

さらに、皮膚炎、心臓病、アレルギー、歯肉炎、関節・神経組織の炎症、その他、骨格奇形なども見られました。

生食だけで育ったグループは、従順でおとなしかったのに、加熱食で飼育された猫たちは、飼育係や他の猫たちに攻撃的で、凶暴になったと言います。
 

3世代目の孫猫たちはさらに悲惨でした。

生まれた子猫たちは未熟児か、身体になんらかの欠陥を持っていました。
子猫のうちから病気にかかるケースも増え、寿命も短くなりました。

それどころか「次世代を生み出す」生殖能力を喪失していたのです。
 

――― ☆ ――――――――――――
 
 

病気の原因が、酵素不足の影響を受けることがひしひしと伝わってくる内容ですね。
 

8590451果物.jpg
 

またフィラデルフィア動物協会の病理学者が、20年間にわたって、飼育されている動物の 病気の発生状況を調べた内容も、とても興味深いものです。
 

博士によると、加熱調理したエサにビタミンやミネラルを加えても、動物たちに人間と同じような病気が多く発症していたそうです。

ビタミンやミネラルは 健康を保つのに大切な要素ですが、生の酵素を摂っていなければ、ビタミンやミネラルの効果は十分に発揮されないのです(!)

加熱食ばかりを食べて「サプリメントもとっているのに、どうも体調が優れない・・・」とお悩みの方は、フレッシュな野菜や果物を積極的にとることで、状況が好転されるかもしれません。
 

***
 

酵素栄養学の第一人者でいらっしゃる鶴見隆史先生のご著書を読んでから、朝食を果物や野菜のジュースに置き換えるようになってから、もう数年がたちます。

健康診断の数値も30代の頃より良好なので、この習慣は今後も続けていこうと思っています。
 

鶴見隆史先生は、生食と加熱食の比率は5対5、もしくは6対4が理想的とおっしゃっています。

私は朝のみジュースで、昼と夕方は普通に食事を摂っているので、もう少し生食を増やしてもよさそうです。
 

人間の身体に本来備わっている「体内酵素」は一定量しかないため、食べ物から生きた酵素をたっぷり補給することが、元気に日々を過ごすための大切なポイントなんですね。.:*・°
 

『「酵素」の謎』鶴見隆史著 
『若返ったゾ!ファスティング』(船瀬俊介著)参照
 
 

 
 
 

コープ自然派/『食品業界は今日も、やりたい放題』小薮浩二郎 著

2015年5月21日

今月から、わが家はコープ自然派に切り替えました。
 

a52931357cca122e3121581a84f2c386野菜.jpg
 

私の周りの人は、安全な食材を徹底している人が多く、近所に住む友人は【コープ自然派】で食材を取り寄せていて、スーパーなどにはもう何年も行っていないと言います。

ただ、わが家はみなとても健康ですし、そこまで神経質にならなくてもいいかなと思っていました。
ですから、これまでは毎週コープで食材を取り寄せ、また足らないものはスーパーも併用していました。
 

今回、コープ自然派にシフトする決定打となったのは、食品添加物について書かれた小籔浩二郎さんのご著書を読んだことがきっかけです。

著者の小籔浩二郎さんは、40年にわたって食品業界に身を置いてこられた方で、14年間は添加物開発の最前線で研究に従事し、添加物のあり方に疑問を抱かれた方です。
 

※私自身はコープも好きで、これまでもお世話になってきましたから、決してコープを否定している訳ではありませんから、その点ご了承ください。

コープ自然派はさらに安全基準が高くなっていて、「ポスティ」というメインのカタログがあるのですが、様々な調味料や加工品には、添加物が入っていないことがうれしい驚きでした。
(注:コープ自然派は利用できる地域が四国、兵庫、大阪、奈良、京都、和歌山と限られています)
 

f9d8ebfa6d63eca4c7a0cb2a913c454f_s畑.jpg
 

わが家は田舎なので、ご近所の方がたくさん野菜を作っていて、色々なところからしょっちゅう野菜をいただきます。

肉類は食べませんし、知人がお米を作っているので、お米は1年分をまとめ買いしています。

最近は小麦粉の摂取も減らしているので、市販のパンやお菓子、麺類は購入しなくなりました。
息子(高3)の要望で、たまに家でホームベーカリーをするぐらいです。
 

ですから、コープ自然派で買う物は調味料や卵、大豆製品etc・・・など絞られてくるので、食べ盛りの子どもがいても、それほどコストはかかりません。

息子がジャンクフードを外で買わない限りは、食の安全はある程度守られることになります。
 

小籔さんの本を読まれると、なかには暗たんたる気持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが、日々を健やかに過ごすために、また子どもさんがいるご家庭では、子々孫々まで健康に命を繋いでいくためにも、親が食の大切さ学んで、その知識を日々の会話の中に自然に織り込みながら、根気強く伝えてゆくしかないのかなと思います。

一歩外に出れば、食べ盛りの子どもさんにとって、食の誘惑にあふれていますから・・・
私は、本の内容があまりに盛りだくさんだったので、息子に直接この本を手渡して読んでもらいました。
 

「食に関心をもち、健康を気づかうようになれば、自然と地球の健康状態も気づかうようになる」と師がおっしゃっていました。

すべてのことは繋がっていてフラクタルになっているので、例えば私たちの細胞一つひとつの状態は、私たちの体全体の状態をあらわしています。

食はすべての基本ですから、食を正せば、体調が好転するだけではなく、心も本来の方向に正され、ひいてはこの惑星が抱える問題について考えるようになるのは、ごく自然な流れなのでしょうね。
 

3a527b968e9f6b81d7cdda3141cef5f2_s地球.jpg
 

食品業界は今日も、やりたい放題』の中で、著者の小籔さんがこう書かれています。
 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【添加物の少ない世の中にするために】

みんなが「疑わしい食品はなるべく避ける」という行動を続けることで、世の中も少しずつ変わっていくはずです。

消費者の意識と行動は重要です。

ファミレス、ファーストフードなど、外食で出される料理には、原材料も添加物も何の表示もありません。こうしたことに不安を感じてください。

スーパーやコンビニで「安全な食品しか買わない」と意思表示しましょう。
添加物表示の多い食品はなるべく敬遠するようにしましょう。

多くの人がそうした強い姿勢を続ければ、小売業、流通業者も黙ってはいられなくなります。
売れない製品は作らないからです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 

現在、コープ自然派の利用者数は10万人を超えるそうです。
コープ自然派以外にも、添加物などを使わないで安全な食べ物を扱っているところはたくさんあると思います。

若干値がはったとしても、多くのご家庭が 平均して年間8万円近くお菓子の購入にあてているそうですから、その金額を安全な調味料や野菜に少しでも回せば、長い目で見れば医療費の出費を削減できて、ご家族の健康も手に入れられるので、よいことづくめですね.。.:*・°
 
 

 
 
 

ビタミンCが知能指数を高める/「第4の城」&「赤い地球」スタート

2014年4月5日

先日の日記で、毎日欠かさずオレンジジュースを飲んでいた115歳の女性が、脳に全く衰えが見られなかったエピソードをご紹介しました。

今日は、ビタミンCのすばらしい効果についてご紹介しますね.。.:*・°
 

レモン8850716.jpg
 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

東京多摩病院の松家豊院長は当年とって79歳。
松家院長がボケはじめたのは69歳の時だ。

日頃の不摂生がたたったのか、口内炎や歯ぐきから大量の出血。
さらに「言葉が浮かばない」「相手が何を言っているのかわからない」「自分がどこにいるのかわからない」など、ボケの初期症状に襲われてしまった。
 

そんな時、たまたま「ビタミンCが知能指数を高める」ということを知った。
「これだ!」と思った院長は、ワラにもすがる思いで、ビタミンCの粉末を1日1グラムずつ飲み始めた
 

それを2ヶ月ほど続けると、口内炎や歯ぐきからの出血がピタッと止まった。
さらに言葉が次々と浮かんで、人との話はもちろん、原稿さえ書くことができるようになった。
外を出歩くのも自由に。

 

歓喜した院長は、この恩恵を入院患者150人(平均年齢78歳)にも分け与えたいと思い、全員の食事にビタミンCを1日0.5グラム加えてもらうことにした。

入院患者の中には「夜間せん妄」といって、夜中に騒ぎ出す典型的な痴呆症患者が24人いたのだが、そのうち20人は明らかに症状が軽くなり、中でも11人は症状が全く消えてしまったのだ。
 

老人dd720760243cf970c129e617b9eb3674_s.jpg
※『大都会で長生きする方法』船瀬俊介 渡辺雄二著/参照

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 

粉末のビタミンCは、わが家はお風呂の塩素対策に常備していて、湯船に毎日ビタミンCを入れています。

ビタミンCは、レモンやオレンジなどにも含まれていますが、粉末のビタミンCは比較的安価で手軽に摂れるものなので、ぜひ手元に置いておかれるといいですね。
 

松家院長がこのようにおっしゃっています。

ビタミンCは血管を丈夫にするので、脳の血行がよくなり、栄養や酸素が十分脳まで送られるようになります。またその栄養と酸素は脳をすっぽり包む脳膜を伝わって、脳細胞に届きますが、ビタミンCは老化によってもろくなった脳膜を強固にし、その伝達をよくするのです。その結果、鈍った脳の働きが元に戻るのです
 

何よりも体験に勝る説得力はありませんね。
ビタミンCはボケ防止の力強い味方になってくれそうです.:*・°
 

* * *
 

現代版マヤカレンダーでは、また大きくエネルギーが切り替わりましたね。

詳しくはアメーバブログに更新しています.。.:*・°
【第4の城(2013年4月5日~5月26日)/赤い地球の13日(4月5日~4月17日)】
 
 

 
 
 

初めてお越しの方へ

お問い合わせ

ブログ:美保まりのスピリチュアルギフト

カテゴリ

アーカイブ

セッションメニュー

お得な割引システム

アフターフォロー制度

よくあるご質問Q&A

セラピスト紹介

体験談

料金表

お申し込み

お問い合わせ

無料メールマガジン

リンク

モバイルサイト

スピリチュアルライフ研究所

対応エリア

日本全国、また海外在住の日本人の方にもお送りしています(対面でのヒーリングと効果は全く変わりません)

  • 北海道
    札幌市 など
  • 東北
    青森県、岩手県、宮城県(仙台市 など)、秋田県、山形県、福島県
  • 関東
    茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県(さいたま市 など)、千葉県、東京都(板橋区、大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、豊島区、中野区、練馬区、港区、目黒区、 中央区、千代田区、文京区、台東区、墨田区、江東区、北区、荒川区、足立区、葛飾区 江戸川区 など)、神奈川県(川崎市、横浜市 など)
  • 北陸
    新潟県、富山県、石川県、福井県
  • 中部
    山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋市 など)、三重県
  • 近畿
    滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸市 など)、奈良県、和歌山県
  • 中国
    鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 四国
    徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 九州
    福岡県(福岡市 など)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇市 など)

PayPal
ペイパル決済に対応

twitter

mixi

facebook

ヒーリング用語辞典

今日のマヤカレンダー

考え方セラピー

おすすめBook

   あなたの願望・お悩みを遠慮なくお伝えください。幸せな人生を送るお手伝いをさせていただきます。